1. ホーム
  2. 事業内容
  3. 建築・土木補修材販売
  4. 下地ととのえーる(カチオン系下地調整強化材)
  5. 下地ととのえーるのQ&A

下地ととのえーるのQ&A

下地ととのえーるのQ&A

Q:長期保存が出来る理由は何ですか?

A:当社の製品は、現場でセメントと水と下地ととのえーるを混ぜて使用する製品です。他社のカチオン系の製品は、もともと混ぜてある製品が多いです。その結果、セメントが風化してしまうリスクがあります。当社の下地ととのえーるの中には、全くセメントが入っていない為、風化もしにくい為、長期保存がしやすくなります。

 

Q:現地でセメントを混ぜるメリットは、他にありますか?

A:運賃のコストが削減できます。当社は、福岡にある為、どうしても運搬のコストがかかってきます。セメントは、地元の建材店やホームセンターで購入できるので、その分コスト減になります。

 

Q:価格が高く感じますが?

A:下地ととのえーる1体の金額だと高く感じる事もあるかと思います。しかし、セメントと混ぜて使用する為、合計した金額だと安価だと思います。

例)下地ととのえーる20kg 9,500円+セメント20kg300円=9,800円(合計40kg)

他社のカチオン系下地調整材20kg6,000円×2袋=12,000円(合計40kg)

これにプラスで送料がかかったり、下地ととのえーるを使用して、セメントを30kgで混ぜる事で、コストは下げることが出来ます。さらに風化してロスが出ることを考えると安価な製品だと思います。

 

Q:セメントメーカーの指定はありますか?

A:フレッシュなポルトランドセメントであればどこのメーカーでも全く問題ありません。ただし特殊セメント等の使用は避けて下さい。

 

 

Q:カチオン系の材料は接着力が良いと聞きますが、なぜカチオンは良いの?

A:カチオンは、陽イオン、電気的に+の力が働いています。コンクリ-ト、鉄などは、陰イオン、電気的には-ですので、+と-で電気的にも相性が良いとされていますので、高い接着力が期待できます。

 

Q:配合について、A配合(20kg+25kg)B配合(20kg+30kg)となっていますが、例えば、20kg+20kgとか20kg+26~29kgで施工しても大丈夫ですか?

A:問題有りません、セメント量が増えると、粉末度が多くなり、薄塗に適した配合になっていきます。逆にセメント量が少なくなると、骨材の全体割合も増え、若干ですが施工厚みを取り易くなります。

 

Q:追従性とは?

A:下地の素材、仕上げ材の種類など、異なる物質の動きに対して、対応していく運動力が優れているということです。弊社の製品は、特殊ファンバーが使用されていますので、追従性が高い製品となっています。

 

Q:下地ととのえーるに防水効果はありませんか?

A:防水効果もあります。水を浸透しにくい製品となっております。

ツネミオフィシャルオンラインショップ

株式会社ツネミ Facebook

建築・土木補修材

株式会社ツネミ Youtube Channel

施工事例

資料情報

暮らしお助け隊

ページ上部へ戻る