1. ホーム
  2. 事業内容
  3. 建築・土木補修材販売
  4. 基礎まもーる(無機質系!住宅基礎の化粧防汚保護材)
  5. 基礎まもーるのQ&A

基礎まもーるのQ&A

基礎まもーるQ&A

Q:住宅の基礎に水が浸透したりカビが生えると何か住宅に影響がありますか?

A:モルタル仕上げの場合は、①水の吸込みによるシミ②クラックが入りやすい③湿気によりカビの発生。アクリル樹脂系塗材の仕上げの場合は、①色褪せしやすい②静電気により汚れが付着しやすい③ゴム質の為、紫外線に弱く劣化しやすい④水の侵入により膨れ・剥がれがある。
その他に、外壁が綺麗でも基礎巾木面が汚れていると住宅自体の価値観が下がって見えます。

Q:基礎まもーるの中には、どのような成分が入っているのですか?

A:主には高純度のシリコーン樹脂、大理石の粉末、光触媒酸化チタン、アクリル樹脂。

Q:無機質系って事は、完全な無機質ではないって事ですか?

A:アクリル樹脂を少量配合しています。(微弾性と接着力強化の為)

Q:通気性があるが、雨水を通さないのはどういう原理からですか?

A:水と水蒸気は同じ組成であっても、物理的には性質が異なります。
液体である水に比べ気体になった水蒸気の粒子は非常に細かく液体の分子とは大きさが違います。
例えば、アウトドアで使用される登山靴等で最も重要なのは防水性ですが、それと同時に求められる性能が透湿性です。
透湿性とは内部が蒸れるのを防ぐ効果です。
住宅のコンクリート基礎においても、靴の中で足が蒸れて汗をかくように、コンクリート表面や内部で同じように汗かき現象が発生し、住宅基礎をはじめ建物全体の寿命を縮めてしまいます。
微粒子の特殊樹脂を含有させ撥水性のある微細孔を形成、防水性を高めると同時に蒸気透湿性を実装することができました。

Q:光触媒酸化チタン配合ってどういった効果がありますか?

A:光触媒酸化チタンは、紫外線を当てると有機物を分解する性質があり脱臭・抗菌作用を持つ触媒として注目され、太陽光でも働くことから電力などのエネルギーを使わずに大気や水の汚染を浄化することが出来ます。光触媒作用は、主成分である「酸化チタン」が太陽や蛍光灯の光に当たると、水や酸素と反応して、活性酸素をつくります。この活性酸素は非常に大きなエネルギーを持ち、接触してくる有機化合物や細菌などの有害物質を分解・除去することができます。この光触媒を利用すると、有機化合物を常温で分解できるだけでなく、殺菌、防カビ、防汚、脱臭などの効果があります

Q:耐久性が10年以上との事ですが、それ以上たった場合、上から塗りなおせば良いのですか?

A:基本的には10年以上持ちます。しかし仮に効果が落ちたと感じる事があった際は、まずは、基礎巾木面を洗浄し、しっかり乾燥させ、プライマーを塗布し同じように基礎まもーるを塗ってください。

Q:建築後数年がたち、基礎の部分にもうすでに水が吸い込んでいる場合だとどうすればよいのですか?上から塗るだけで良いですか?

A: 下地にもよりますが、まずは基礎巾木面を洗浄し、しっかり乾燥させ、浮き剥がれをしている場合は、剥がれる所は全て剥がし、下地調整をして下さい。その後、同じように基礎まもーるを塗ってください。

Q:塗料を塗ると空気が入って膨れ上がるのではないですか?

A:弊社の基礎まもーるは、水は通さないですが、湿気や空気は通す製品となっていますので、間に空気が入って膨れたり、剥がれたりすることは、今のところございません。

Q:コンクリートへの追従性はありますか?

A:微弾性ですので、追従性はございます。高濃度のシリコンを採用しており、さらに特殊なファイバーを使用していることにより、追従性が出るようになっています。

ツネミオフィシャルオンラインショップ

株式会社ツネミ Facebook

建築・土木補修材

株式会社ツネミ Youtube Channel

施工事例

資料情報

暮らしお助け隊

ページ上部へ戻る