1. ホーム
  2. 事業内容
  3. 建築・土木補修材販売
  4. セメント系高性能クラック補修材 ひびうめーる
  5. ひびうめーる質問集

ひびうめーる質問集

ひびうめーるのQ&A

Q:ひび割れのサイズはどれぐらいの隙間まで対応できますか?

A:ひび割れの幅は、0.3mm~3mmまで対応できます。

 

Q:0.3㎜以下のクラックには入りませんか?

A:色々な環境にもよりますが、0.3㎜以下まで入っていった実績はあります。基準として0.3㎜で設定しています。

 

Q:樹脂系とひびうめーる(セメント系)の違いは何かありますか?

A:樹脂系は、より微細なひび割れに浸透していくが、可燃性で臭いがあるのと紫外線劣化する。ひびうめーるは、臭いがなく、浸透性があり、コンクリートとの相性が良いので、補修箇所が目立ちにくいです。

 

Q:他のひび割れ補修材と何が違いますか?

A:他のセメント系の補修材もあるが、水の量も多くシャバシャバ感があったり、パテで埋め込まなければならないタイプが多く、ちゃんと補修出来て強度が出るのかが不明な製品もある。当社のひびうめーるは、浸透性も強度もしっかり出て補修が出来る製品となっております。

 

Q:ひびうめーるで補修したものはどれくらい持ちますか?

A:全ては、環境によります。外的要因でのひび割れであれば、その原因を改善しない限り、またひび割れが発生します。ひび割れの原因を解決する事が大事です。当製品は、あくまで補修材ですので、今後もひび割れが入る可能性はあります。

→あくまで「補修材」であり、強度は有るが、完全なものではないので、当社が耐用日数を保証は出来かねます。ひびが入ったら再度補修するしかないのが現状です。ひびが入らないようにしたいのであれば、その原因を断ち切るしかないと思われます。

 

Q:硬化する際に膨張や収縮はしますか?

A:自社試験レベルでは、無収縮です。

 

Q:ひびうめーるは強度が出ますか?

A:外部機関で圧縮強度を測定すると28日で103N/mm2という高強度が測定されました。これは通常のコンクリートの2倍以上の強度となります。

 

Q:アスファルトには使えますか?

A:油との相性が良くないので使用できません。

 

Q:なぜ施工する前に水打ちを行わなければなりませんか?

A:水打ちをしないとひびうめーるを流し込む際にその水分が乾いたコンクリートに吸収され、性能が発揮されません。ひび割れ

箇所にさびとめーるを流し込むと鉄筋の爆裂部分の錆を抑えることが出来ます。

Q:寒い場所でも使用できますか?

A;基本的には、5度以下は、セメントが固まらないので、施工出来ません。

セメントが固まらないので出来ませんが、どうしてもしたいのであれば、責任施工でお願いします。

 

Q:経年劣化したところしか使い道はないですか?

A;新築でも、ひびが入っている場合があります。そういった箇所の化粧直しに使用する事もあります。

→何期にも分けて工事した場合、引渡し時に既にひびが入っている場合があります。
ex 大型ショッピングモール、大工場などの化粧直しに使用できます。

 

Q:壁のひび割れには使えるか?

A:使用できます。通常の壁面のひび割れの施工と同じように低圧注入器で注入できます。

→方法
1) ひびに間隔をあけて穴を開けて、区分けする(①②③)。
2) ①の部分に、みずとめーるを注入して壁をつくる。
→みずとめーるは数分で凝固するので、簡易的な壁を作るのに最適。
⇒みずとめーるも当社の商品なので、抱き合わせで売れる。
3) ①の上からひびうめーるを注入。
→上まで埋まったら、②以降も同じ作業を繰り返します。

 

Q:貫通クラックに使用できますか?

A:使用できません。貫通しているところで使用すると、貫通している箇所から漏れてしまうぐらい浸透性がありますので、その貫通箇所を当社のみずとめーるなどで、塞いでおかなければなりません。

 

Q:施工後、上から塗料を塗ることは出来ますか?

A:固まってしまえば、上から色を塗ることが出来ます。塗る際に塗料を混ぜる方がいますが、他の物を混ぜてしますと、製品の性能は保障できかねますので、宜しくお願い致します。

 

Q:水の量が適当だとどうなりますか?

A:水量を間違えると適正な強度を発揮しません。必ず守ってください。

ツネミオフィシャルオンラインショップ

株式会社ツネミ Facebook

建築・土木補修材

株式会社ツネミ Youtube Channel

施工事例

資料情報

暮らしお助け隊

ページ上部へ戻る